プロペシア効果

プロペシア効果/抜け毛を防ぐaga治療薬

プロペシア効果・育毛

 

 

プロペシアは現在世界70カ国以上でAGA(男性型脱毛症)治療薬として使用されています。

 

プロペシアは米国のメルク社が開発して1997年に米国FDA(アメリカ食品医薬品局)に承認されました。

 

日本では2005年に厚生労働省に承認されました。

 

プロペシアは脱毛をうながす男性ホルモンの1種のDHTの働きを阻害することで、髪の毛が抜けるのを治療する薬です。

 

プロペシアを使用した人の98%に改善または現状維持の効果が出ているという報告があります。

 

 

男性が久しく待望してきた若はげ・脱毛の治療薬は、前立腺肥大の治療薬の「副作用」として発見されたんです。

 

1992年に前立腺肥大の治療薬として承認されたフィナステリドを服用していた男性に、脱毛の進行が止まったり毛髪の量が増えたという報告が相次いだ事を受けて、メルク社はこれを脱毛の治療薬として再開発し、治験を行った結果、1997年に米国FDAからプロペシアがaga治療薬として承認されました。

 

プロペシアの成分であるフィナステリドは男性ホルモンのテストテロンがDHT(ジヒドロテストテロン)に変換されるのを阻害する薬です。

 

テストテロンが5αリダクターゼという酵素のはたらきでDHTに変換されると、毛髪サイクルが短くなり、脱毛が増えて毛髪が薄くなります。

 

3〜5年と言われる男性の毛髪サイクルは、毛根にある毛乳頭にDHTが作用すると成長期が極端に短縮して、長く太くなる前に抜けていくようになります。

 

 

その結果、頭皮には細く短い毛が増えて、地肌が目立つようになります。

 

この5αリダクターゼの作用を阻害することで、脱毛を防ぐ効果があるのです。

 

男性でも毛髪の薄くなる人とならない人がいるのは、テストテロンをDHTに変換する5αリダクターゼが効率的に作用する人とそうでない人がいるからなんです。

 

男性ホルモン受容体の感受性が強い人ほど、5αリダクターゼが効率的に作用してDHTがより多く産生されます。

 

この事から、毛深く男性ホルモンの分泌が多い人ほど髪の毛が薄いと言われるんですね。

 

プロペシア効果と育毛のことをもっと詳しく知りたい方はこちら

 

プロペシア効果・通販

 

通信販売は、1980年代後半以後、女性の社会進出の拡大や、宅配便サービスの拡充、さらに1990年代以後インターネットの拡大によって大きく発達しました。

 

このインターネットの普及によって、買物が便利になったことに加えて、様々な商品やニュースを知るきっかけが増え、日本では購入することが出来ない魅力的な商品を購入したいと思う消費者が出てくるようになりました。

 

ただ、海外のショップでいいものを見つけても、どんな風に購入したらいいのか、果たして日本から購入することができるのかと言う問題が出てきました。

 

ここで、個人輸入代行業の必要性が注目されるようになりました。

 

個人輸入代行業を利用すると簡単に個人輸入ができるからです。

 

このようなニーズの高まりから、個人輸入代行業を始める人も多くなってきたんです。

 

ただ、海外で買い付けた商品を販売するのは、本来なら輸入業になるんですね。

 

この違いを勘違いして個人輸入代行業を始めようかと考えている方もいるかもしれませんが、転売をするのは輸入業ですから、個人輸入代行業はあくまでも個人輸入の手続きを代行する仕事なんです。

 

この違いを理解していてはじめて、輸入手続きを代行した海外製品の品質への責任を回避することができるんです。

 

個人輸入代行業者から、医薬品などを購入しようとする場合は偽造品「ニセモノ」にも注意が必要になります。

 

インターネット上で流通している医薬品の80%以上は偽造品「ニセモノ」という調査結果もあるくらいネット上には偽造品「ニセモノ」が多いんですね。

 

極端に低い値段で販売している業者や、クレジットカード決済が無く振り込みのみの条件を提示している業者などは要注意と言えます。

 

インターネット通販は、店員などと顔を合わせる必要もなく、自宅まで商品が届く便利な仕組みですが、負の面も持ち合わせています。

 

実際インターネット通販を利用しようと思った時には、正規品を扱っている個人輸入代行業者を見極める「目」が必要になってくるんですね。

 

通販を利用して購入できるプロペシアの事をもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

 

プロペシア効果・ジェネリック

 

プロペシアのジェネリック薬を購入するには、特許制度が異なるインドのシプラ社などから「個人輸入代行業者」を通してインターネット経由で購入する方法が一般的でした。

 

ただ、インターネット通販には偽造品(ニセモノ)が数多く流通しており、必ずしも良質の「正規品」を手に入れられないというリスクが伴っていました。

 

 

今年(2015年)に入って、ファイザー株式会社より正式にプロペシアのジェネリックである『フィナステリド錠0.2mg「ファイザー」』と『フィナステリド錠1mg「ファイザー」』の発売日が発表されました。

 

ここで問題になるのが、プロペシアの特許を所有しているMSD株式会社の、有効成分であるフィナステリドの【物質特許】と、AGA治療薬としての【用途特許】の2つの特許期間が満了する必要があるという事なんです。

 

よって、この2つの特許の満了日を調べることができればプロペシアジェネリックが発売開始されるおおよその時期は予測がつきます。

 

大方の予想では、プロペシアのジェネリック医薬品が発売されるのは、平成31年10月11日以降になりそうだと言う見方が大半でしたが、ファイザーが2015年2月19日に製造販売承認を取得したとのことなので、MSD株式会社のこの特許権を無効にできるような情報をファイザー株式会社がもっている可能性がありますが、その真相は現在のところ明らかではないんですね。

 

いずれにしても、ファイザーから2015年4月6日にプロペシアジェネリックが発売されたことは事実なので、実質的にプロペシアジェネリックが解禁されたという事になりますよね。

 

そうなると、他のジェネリック医薬品製造メーカーからも次々にプロペシアジェネリックが発売されることは予想がつきます。

 

我々消費者にとっては、選択肢は多い方が何かと便利ですし、価格競争の中で少しでも安くなればなお良い事ですよね。

 

プロペシアジェネリックや他の育毛剤の詳細はこちらをご覧ください

 

育毛シャンプー

 

育毛効果を効率よく発揮させるためには、まず頭皮を清潔に保つ事が必要です。

 

そのためには、頭皮環境を改善し、抜け毛を減らし、髪が育ちやすい清潔で健康な頭皮へと導く効果のあるシャンプーが必要なんです。

 

それが、いわゆる「育毛シャンプー」と呼ばれているシャンプーなんです。

 

育毛シャンプーには、石鹸系やアミノ酸系の界面活性剤が使用されていおり、さらに育毛・発毛のためのケア成分が配合されています。

 

さらには、男性は女性に比べて皮脂の分泌量が多いため、男性用の育毛シャンプーには皮脂の分泌を抑える成分や、頭皮の炎症を抑える成分が入っているんです。

 

しかし、頭皮への刺激が強く、育毛・発毛のために頭皮ケアにとって相性が悪い洗浄成分である「ラウリル硫酸Na」などの洗浄成分の強い石油系の界面活性剤を使用している物もあるので、注意が必要です。

 

あくまでも「育毛シャンプー」は頭皮環境を正常に導く事が目的であって、育毛シャンプーを使用する事で髪の毛が生えてくる訳では無いんですね。

 

最近テレビCMで「ノンシリコンシャンプー」という言葉を良く聞きますが、ノンシリコンのメリットはどんなことなんでしょうか。

 

粗悪なシャンプーは、洗浄成分として石油系界面活性剤が使われていることが多く、髪を傷めてしまいます。

 

傷んだ髪は指通りが悪くなるので、これを解消するためにシリコンが配合されているんですね。

 

つまり、質の悪い洗浄成分を誤魔化すためにシリコンが使われているという訳なんです。

 

なので、ノンシリコンシャンプーは髪を傷める成分が入っていないため、多少高価ですが髪のためにはいいシャンプーという事で、人気が出ているんでしょうね。

 

シャンプーを使用する事で育毛効果がアップするプロペシアジェネリックや他の育毛剤の詳細はこちらをご覧ください

 

フィナステリドとミノキシジル

 

髪の毛を増やすもっとも効果的な方法は、プロペシアなどのフィナステリドで抜け毛を防ぎ、リアップなどのミノキシジルで髪の毛を増やすことが最も良いと言われています。

 

そもそも、このフィナステリドとミノキシジルとはいったいどんな成分なのでしょうか?

 

フィナステリドは、もともと前立腺肥大症の治療を目的としていたんですが、フィナステリドを服用していた患者に育毛効果が見られたことから、AGA治療薬として発売された経過があるんです。

 

AGAの原因は、男性ホルモン「テストステロン」が変化してできたDHT(ジヒドロテストステロン)によるもので、 DHTの生産に5αリダクターゼが関与しているんです。

 

テストステロンと5αリダクターゼが関わりを持つことでDHTが作り出されるんです。

 

DTHは皮脂を過剰に分泌させて毛穴を塞ぎ、毛髪の成長を止めてしまうといわれています。。

 

このDTHの生産を制御し脱毛を防ぐ役目を持っているのがフィナステリドなんですね。

 

一方のミノキシジルも、最初は高血圧の経口薬として用いられていたんです。

 

ところが、後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果が発見され、ファイザー社が2%のミノキシジル外用溶液を「ロゲインR」として販売し始めたんです。

 

日本では、大正製薬が1999年からミノキシジル成分1%配合の「リアップ」として発売を開始し、2009年にはミノキシジルを5%配合した「リアップX5」を発売しました。

 

フィナステリドとミノキシジルのどちらも、最初から育毛剤として開発されたのでは無いというのも偶然なんですね。

 

フィナステリドとミノキシジルを配合しているAGA治療薬を詳しく知りたい方はこちらからお入りください

 

ホーム RSS購読 サイトマップ